愛猫の健康を奪ってしまう寄生虫とは

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

x ペットの愛猫 愛猫家の皆様、愛猫の健康管理にしっかり目を配っていますか。

猫がかかる病気にはいろんな種類がありますが、飼い主が定期的に医薬品で予防しないといけないのがノミやマダニ、フィラリアといった寄生虫です。

日常生活の至るところに潜む寄生虫は、いつどこで猫に寄生するかわかりません。

また、ただ寄生するだけではありません。

寄生すると成長のため、猫の血を吸血してどんどん成長していきます  。

そんなこととは知らずに放置してしまうと、虫が猫の命をいともたやすく奪ってしまうのです  。

では、寄生されるとどのような猫に症状が発症するのか解説していきます。

 

ノミ、マダニ

ペットの愛猫ノミ、マダニに寄生されると猫は強いかゆみに襲われます。噛まれたところから、腫れていくような状態  になります。また、猫は自分の爪で皮膚を掻きむしってしまうことがあります。

ひどいときはそのまま出血を起こし、傷口から他の寄生虫や悪性の菌が侵入します。

症状はどんどんひどくなり、脱毛などの症状を起こします。

また、マダニは吸血することで肉眼で元の200倍近く大きくなることがあります。

ここまで大きくなると、肉眼で確認できます。

たくさん吸血されている状態なので、貧血などの症状を起こしてしまいます。

 

フィラリア

フィラリアは直接寄生されるのではなく、蚊を通して寄生されます。

猫の体内に侵入したフィラリアは猫の心臓や肺動脈付近に寄生します。そのため、フィラリアに寄生されている猫は嘔吐や食欲不振、枯れた音のようなひどい咳や重篤な息切れ、体重の大幅な減少などを発症します。

フィラリアは元々犬に多く寄生するイメージ  がありましたが、最近になってそれは間違いといわれています  。

猫10匹のうち1匹の割合でフィラリアに寄生されているとされ、しっかりと対策をしないといけません。

また、犬よりもマイペースな傾向がある猫は自分がフィラリアに寄生されていることを隠してしまうことがあります。そのまま気づいてもらえないせいで、急に命を落とす猫もいます。

また、フィラリアのやっかいなところは成長するとどの医薬品でも完全に駆除することができないということです。

医薬品の効果があるのは幼虫のフィラリアのみです。未成熟虫、成虫まで成長すると手術で取り出すしか方法がありません。どちらにしても身体の小さい猫には大きく負担のかかることです。

 

こんな状態にまで放置してはいけません。このようなことにならないために医薬品で定期的に防する必要があるのです。

 

愛する猫を守ってくれる予防薬はブロードライン!

ペットの愛猫猫にとって脅威になるノミやマダニ、フィラリアなどの寄生虫を徹底的に駆除する医薬品は「ブロードライン」です。

ブロードラインには強い殺虫成分が含まれており、ノミやマダニ、フィラリアをしっかりと死滅させてくれます。

また、ブロードラインは経口投与させる内服薬ではありません。猫の皮膚から直接投与する外用薬となっています  。

そのため、好き嫌いがあって内服薬を素直に飲んでくれない、すぐに吐き出してしまうような猫でも問題なく使用することができます。

有効成分を含んでいる薬剤が猫の身体全体に広がっていき、寄生虫を死滅させます。

また、ブロードラインは猫回虫や猫鉤虫、猫鞭虫といった寄生虫も駆除する作用があります。そのため、猫の体内に潜む多くの寄生虫を駆除してくれます。

この使い勝手の良さもあり、多くの飼い主から愛用されている予防薬なのです。

使用する頻度も月に1回のみであり、猫はもちろん飼い主にもストレスを与えることがありません。

 

ブロードラインは通販で購入することができます

猫などのペット用の医薬品は、ネット通販で購入することができるのはご存知でしょうか。

しかも、ネットで購入するときの価格は動物病院で処方してもらうときより低価格になっているのです。

ネットではブロードラインがどのくらいの価格なのか気になると思います。

そこで、ブロードラインを販売しているある通販サイトの価格を紹介します。

・体重2.5キロ未満の猫用・・・1箱3本入り約4,400円、2箱約8,300円、4箱15,800円

・体重2.5キロ~7.5キロまでの猫用・・・1箱3本入り約5,300円、2箱約9,600円、4箱約17,800円

となっています。

 

ペット用の医薬品をあまり購入したことがない人が見ると「3本しか入っていないのに、こんなにするの...?」と思うかもしれません。

毎日使用する予防薬なら、この価格はちょっと高いでしょう。

しかし、ブロードラインは月に1回しか使用しません。そのため、月にかかる費用は1本分のみを計算するだけでいいのです。

2.5キロから7.5キロの猫用を4箱、つまり1年分購入すれば17,800円÷12ということになり1ヶ月にかかる薬代は約1500円弱のみです。

1500円ほどで愛猫の命を守ってくれるのですから、コスパは決して悪くありません。

対して、動物病院の処方は人間のような保険もないのでもっとコストが高くなります。

数年分を通算して計算すれば、かなり大きな差になるはずです。

 

ブロードラインに含まれる有効成分とたしかな安全性

多くの寄生虫を駆除するため、ブロードラインには4つの有効成分が含まれています。

その有効成分について詳しく解説していきます。

フィプロニル

フィプロニルは猫の体内に侵入すると、中枢神経の塩素イオンチャネルのガンマアミノ酪酸受容体と結合します。すると、塩素イオンの流出が防止されていまいます。

塩素イオンが出なくなると異常興奮を起こし、体内のノミ・マダニを死滅させるのです。

エプリノメクチン

エプリノメクチンは猫の体内に入ると神経細胞や筋肉にあるグルタミン酸開口型塩素イオンチャネルと結合します。

塩素イオンの膜透過性が増加し、神経細胞と筋肉細胞は過分極になります。この作用によって犬糸状虫幼虫や猫回虫、猫鉤虫は麻痺状態となります。そして、そのまま死滅します。

プラジクアンテル

このプラジクアンテルには寄生虫が成長のために猫の体内から吸収する、グルコースの吸収を阻害する作用があります。

同時に乳酸菌も多く排出されるようにされ、寄生虫の栄養と代謝が回らなくなくなりそのまま死滅します。

(S)メトプレン

(S)メトプレンはノミの成長を妨害する作用があります。

この作用によって、ノミの卵が孵化したり幼虫が成虫に成長するようなことがなくなり、再寄生の可能性がなくなります。

 

 

 

この4種類の強力な有効成分が猫の体内に侵入したあらゆる寄生虫を駆除して、症状の悪化を防いでくれるのです。

 

ペットの愛猫「こんなに強力な成分が4つも入っていると猫の身体に大きな負担を与えるのでは?」と不安になる飼い主の方々の気持ちも分かります。

しかし、その心配は必要ありません。

ブロードラインは安全性もしっかりある予防薬となっています。それが立証されている臨床試験も過去に行われています

試験の内容は有効成分が5倍含まれたブロードラインを4週間の間隔で使用可能な子猫に6回与えるというものです。

また、フィラリアに寄生された猫に3倍の有効成分が含まれたブロードラインを3回使用するという試験も行われました。

摂取量だけみると、副作用が起きて当然のような感じですがこの試験で異常を起こした猫は1匹もいませんでした。

 

この試験からわかるように、ブロードラインはただ強力な予防薬なだけではなくきちんと安全性もあるのです。

 

ブロードラインの使い方や副作用、使用上の注意

ブロードラインは簡単に使用できる外用の予防薬となっています。

その手順について説明していきましょう。

 

・ブロードラインの箱にはシリンジという注射器に似ているものが入っています。このシリンジのキャンプを薬剤がこぼれないように注意して開けます。

・猫の肩甲骨背部をかき分けて、皮膚を露出させます。

・その部分にシリンジの先端を当て、少しずつ押し込んで滴下します。

 

これだけです。1回使用するのに数分とかかりません

内服薬はエサに混ぜたり、粉々にしないと飲まない猫もいますがこれならそんなことする必要はありません。

 

ブロードラインは安全性が高い予防薬になっていますが、使用することで猫が副作用を発症することがあります。

発症する可能性のある症状は元気の衰退や食欲不振、下痢やかゆみ、じんましんなどです。

また、皮膚が赤くなったり一時的な脱毛を起こすこともあります。

いずれも時間経過で症状が改善されます。

万が一、副作用の症状が治まらないときは速やか動物病院で診てもらうようにしてください。

 

ブロードラインは体重が7.5キロ以上の猫用のものはありません。

飼っている猫の体重が7.5キロ以上の場合は組み合わせて量を調整する必要があります

また、生後7週間未満の子猫や妊娠している可能性がある猫には使用できません。

何か持病を患っている場合は使用前に動物病院で相談することを推奨します。

外用薬のため、使用後は2日以上シャンプーや水浴びができません。

猫以外の動物には使用できません、特にウサギは命の危険を招く副作用が発症する可能性があるため絶対に使用してはいけません。

 

ブロードラインを通販で購入できるサイトは個人輸入代行も兼ねている

通販を使う様子ブロードラインなどのペット用の薬はインターネットで購入することができます。

また、ブロードラインは一般用医薬品には分類されておらず購入は個人輸入で海外のお店空から輸入したものを購入します。

海外のお店から取り寄せる個人輸入は意外と面倒で、関税なども自分で計算しないといけません。

でも、通販サイトの多くは個人輸入代行を兼ねており  、個人輸入で商品を購入した経験がなくても簡単に欲しい商品を購入することができます。

この便利な個人輸入代行の通販サイトは、注目されており今後はもっと一般的になる可能性があります。

しかし、注意しないと大きな失敗を招くことがあります。

このような通販サイトは基本どれも健全で安心なサイトですが、中にはそうではないサイトも存在しているのです。

悪質な通販サイトを利用してしまうと、正規品を扱わず偽物を送られたり、商品の使用で健康的な問題が出たりなどの被害に遭ってしまう可能性があります。

また、個人輸入は問題が生じても責任はすべて購入者にあるという決まりがあります。

個人輸入代行を兼ねた通販サイトの利用に失敗しないためには、利用を考えている通販サイトをしっかり調べて安心できるか確認しておく必要があります。

通販サイトの安全性を確認する際の参考にしてもらうため、悪質なサイトによくある特徴をいくつか紹介します。

・サイトを運営している会社の住所や代表者の名がどこにも載っていない・サイトの更新がめったにされていない

・商品の価格が極端に低価格になっている

・新商品でもないのに、商品の口コミ件数が非常に少ない

・メールや電話による問い合わせができない

・安全性のアピールが過剰 

・しばらくして、サイトにアクセスしてみるとネット上から消えている 

などなど...

これらの特徴のうち1つでも当てはまれば、その通販サイトの安全性は高いものとはいえません。また、他のことでも怪しいと感じるものがあればむやみに利用せず、他の通販サイトを探した方がいいでしょう。

 

ブロードラインを通販で購入するときは口コミを参考にしよう

通販を使う様子ブロードラインがいくら安全性が高く、効果がある予防薬と解説しても実際に使ってみないとその良し悪しというのは正確に判断ができないでしょう。

そんなときは、実際にネットでブロードラインを購入した人が書き込んだ口コミが参考になります

ドラッグストアなどで薬を購入するとき、疑問があれば現場にいる薬剤師に聞くことができます。しかし、ネット通販の場合は疑問があっても薬剤師に聞くようなことはできません。

また、実際に商品を見たり触ったりすることもできないでしょう。

口コミは商品に関する疑問を解決することができる情報源の1つであり、購入する際は口コミの評価次第で決めることもできます。

また、口コミを見ていくと自分が飼っている猫の種類や年齢などが同じだったりすることがあります。近い種類の猫だと、より参考にすることができるのです。

ここで、ブロードラインを購入した人の口コミがどのような内容になっているのか紹介していきます。

いい評価だけでなく、微妙な評価も紹介します。微妙な評価は単なる否定的な意見として捉えるのではなく、自分が使用する時に同じ失敗をしないための反面教師になるので、場合によってはいい評価の口コミより役立つことがあります。

微妙な評価

・アメリカンショートヘア 3歳 ★3

うちは同じ種類の猫を2匹飼っており、年齢なども同じです。食べているエサも一緒です。でも、ブロードラインを使うと片方が軽い副作用をよく起こします。

健康には問題ないっぽいですが、できれば副作用が起こらない薬にしてあげたいので他の薬にしようかなと思います。

・ロシアンブルー 2歳 ★2

今までスポイトタイプの薬を使っていたせいか、シリンジタイプは使いづらさを感じます。

効果も以前使用していた薬と大きな違いはなかったです。薬の効果に関しては特別大きな不満はなかったのでいいですが、私自信は気にいらないので前の薬に戻そうと思います。

・マンクス 8歳 ★3

使いやすさは抜群ですが、うちの子は必ず薬剤をペロペロしてしまいます。舌が届かない場所だと首筋からけっこう離れてしまいます。

毎回舐められていしまうと効果が薄く、意味が無くなってしまうので錠剤とかの内服薬にしようと思います。

飼っている猫が食いしん坊で何でも舐めてしまうような子だとうちの子みたいに舐めきってしまうかもです。

 

いい評価

・ベンガル 4歳 ★5

これまで寄生虫に関するお薬をいろいろと試してきたけど、このブロードラインが1番良かったです。

最初の使用はちょっと失敗しましたが、2回目以降は不器用な私でも普通に使用することができました。

うちの子はけっこうおとなしいので、使うときは全く暴れないです。効果もしっかりあるので、今後はネットでブロードラインを買います。

・ペルシャ 7歳 ★5

ノミとダニだけでなく、フィラリアまで効果があるのが嬉しいです。このブロードラインのおかげでここ数年は痒そうにしている仕草が1回もありません。

使い方も思っていたよりは難しくないですし、猫にストレスをあたえていないのがいいですね。値段も高くないので、財布の負担も少なくて最高です。これからもリピートさせてもらいます。

・サイ$リアン 6歳 ★5

知り合いの猫がブロードラインで軽い副作用を起こしたと言っていたので、うちの子は大丈夫かなと心配していましたが、うちの子は今のところは1回も副作用が起きていません。

どうやら、安全性に関してはまったく問題ないみたいです。これを使った後は虫の死骸などを見ることもなくなり、猫も元気そうにしています。

 

ここで紹介したのは、一部の口コミです。

他にもたくさんの口コミがネット上に存在しています。通販サイトの商品レビュー以外にもSNSなども活用してブロードラインに関する情報を集めていきましょう。

 

通販サイトではジェネリック医薬品が販売されていることもあります

ネット通販で販売されているお薬は様々であり、その中にはジェネリック医薬品も存在しています。

人間用の医薬品だけでなく、ペット用の医薬品でも種類が増え続けているジェネリック医薬品ですが具体的にどういったものなのか知らないという方が意外と多いです。

知っておくと、さらにお得になる可能性があるので解説します。

ジェネリック医薬品は簡単に言ってしまうと、すでに販売までされている先発品のコピー品になります。

配合されている有効成分や効果、副作用なども基本的に一緒です。

ジェネリック医薬品によっては、有効成分と効果はそのままでも薬の形状や使用方法が異なっていたりする場合があります。

そして、ジェネリック医薬品が注目され種類が増え続けている大きな理由が販売価格です。

先発品と比べると、ジェネリック医薬品は低価格になっているのです。

少しでも安く購入したい方やまとめ買いをしたい方からは高い需要があります。

ジェネリック医薬品が低価格になっているわけは開発中にかかる費用にあります。

皆さんは薬を開発するのにどのくらいの費用や時間がかかるか考えたことがあるでしょうか。

先発品である新薬は1つの医薬品を開発し、完成させるまでなんと何百億円~何千億円という費用がかかってしまうのです。また、時間も最低でも10年は必要なのです。

しかも、無事完成するというわけでもありません。開発が途中で頓挫してしまうと、それまでの費用や時間がすべて水の泡です。

でも、ジェネリック医薬品はすでに完成している医薬品を元に開発します。いわば、薬のレシピがある状態で開発するのです。失敗に終わる可能性も低く、かかる費用は1億円ほどです。開発期間もたった1年前後です。

必要な時間と開発費が新薬より非常に少ないため、ジェネリック医薬品は低価格での販売が可能になっているのです。

このジェネリック医薬品は年々増えており、ブロードラインのような新しい医薬品のジェネリックが販売される可能性は非常に高いです。

ブロードラインのジェネリック医薬品が販売されるようになったら、継続的なことを考えてもジェネリック医薬品の方が経済的にいいでしょう。

 

ネット通販でブロードラインを購入したときの実体験

通販を使う様子ブロードラインやネット通販などに関することを長々と解説してきましたが、ここまで言えるのは私自身が愛猫のためにネット通販でブロードラインを購入した経験があるからです。

購入までの流れやメリットなどを知ってもらうため、私の体験談をここで紹介しようと思います。

うちには、スコティッシュフォールドの猫ちゃんがいます。

非常にマイペースでめったに甘えてくれない子です。しかし、あるとき珍しく私の方に近づいてきたのです。私がおもむろに撫でてあげると、お腹の辺りが赤く腫れていたのです。

急いで近くの動物病院に連れて行った結果、獣医師の先生からはダニに噛まれていると診断されました。

私は何かいいお薬はないかと聞いたところ、教えてくれたのがブロードラインでした。

当時、私はペット用のお薬の相場が分からず提示された価格を普通に払っていました。

それから数ヶ月経ったとき、猫の薬に関した広告があり興味本位でその広告先のサイトにアクセスしてみました。すると、ブロードラインが載っていたのです。

しかも、動物病院で処方されるときよりずっと安い価格だったのです。私はブロードラインの価格がもうちょっと安くならないのかと悩んでいたところなので、思わずそのサイトで購入したのです。

今思えば、安易に通販サイトを決めるのは良くなかったですが、運良くその通販サイトは非常に信憑性のあるサイトでした。

そして、注文してから3日くらいでブロードラインが届きこれまで通りに使いました。

しっかり効果があり、購入をネットに変えてからも愛猫が寄生虫の被害に遭ったことは1回もないです。

ネットでブロードラインを購入することに変えて以降は私の経済的な負担も大きく減り、愛猫のためにおもちゃを買ったり高級なエサをたまに食べさせたりすることができるようになりました。

もっと早く、ネットで購入すべきだったのかなと思います。

 

月に1回の使用とはいえ、動物病院で払う価格は決して安いものではありません。

昔の私みたいにもっと薬を安くしてほしいという方はネット購入を前向きに考えてほしいと思いますね。

 

ブロードラインなどのペット用の医薬品をネット通販で購入することは今後一般的になる?

ネットで欲しい物を購入するという習慣は、今や当たり前となっています。

ちょっとした小物から車までネットで購入することが可能になっている時代です。

しかし、医薬品に限ってはまだネットで購入ができないものがたくさんあります。

一般用医薬品に分類されていない医薬品の存在もあり、ネットで薬を買うという習慣はほとんどないでしょう。

しかし、販売されている価格が動物病院で処方されるときよりずっと安いというのは明らかであり経済的な面を重視すれば、将来的にネットで薬を購入することが一般化する可能性は大いにあります。

 

ネット通販でブロードラインを購入することでペットのストレスも減る

ブロードラインの画像ネットでペットのお薬を購入することは飼い主の経済的な負担が減り、時間効率も非常に良いでしょう。

しかし、嬉しいと感じるのは飼い主だけではなくペットたちもネットで購入した方が嬉しいと思うかもしれません

それはペットたちにとって、ストレスの宝庫ともいえる動物病院に行かなくていいからです。

動物病院には他の飼い主とそのペットたちがたくさんいます。

他の犬や猫はもちろん、もっと変わった動物がいる可能性もあります。

動物は警戒心が強く、他のペットや飼い主のことを敵と感じることもあるのです。

そうなると、むやみに吠えたり唸ったり、他のペットと喧嘩を始めてしまうこともあります。

動物病院にいる先生や看護師もペットがからすれば、ストレスの対象になる可能性があります。飼い主に触られるのは慣れていることもあり、そこまで嫌がらないと思います。

むしろ、喜ぶペットも多いでしょう。

しかし、ペットは先生や看護師といった知らない人間に触られるのは嫌なのです。

人間だって、赤の他人に触れられるのは気持ちのいいことではありませんから。

こういった多くのストレスが極限になるとペットは下痢や嘔吐、食欲不振といった症状を起こすことさえあります。

寄生虫用の医薬品を買いに来ているのに、別の症状を起こしてしまったら別の薬代がかかりペットも飼い主も嫌だと思います。

どうしても診てもらわないといけないような重病のときはともかく、そうでないときはペットのストレスを減らすためにもあまり連れて行きたくないですよね。

でも、ネット通販で医薬品を購入すればペットたちがストレスを感じることがありません。

精神的なストレスが少なくなれば、ペットが体調を崩すこともありません

ネット通販は経済的なメリットだけではなく、こういったペットたちの体調に関したメリットもあるのです。

ブロードラインの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました